こころのノート(物理)

こころのノートではありません。

ゆめの話

あけましておめでとうございます。

なんだかこのブログもちょろちょろと見てくれてる人がいるみたいですね、ありがとうございます。接触事故のような感じで来てしまった人はまぁ、早く忘れてね。

リア友の人はもうほんと、悪い夢でも見たと思ってください。

 

夢といえば。

年末の年明け前になるんですが、ちょっとした夢を見ました。

夢特有の「シチュエーションというかどうしてそうなったのかは分からないけどなんかとりあえず集まってた」っていうシチュエーションのアレだったわけですけど

どこか分からないし目的も分からないけど、どこか広い場所で久しぶりに劇団メンバーと会う夢でした。

わー!久しぶりー!ってみんなと挨拶してたら、1人のメンバーの男の子が私の方を見て心配そうに「大丈夫?」って聞いてきた。

その子とはリアルでは別に特別仲良かった訳じゃなくて、知り合い程度だったし、私のTwitterも見てないだろうしで現実ならぜっっったいに言われない言葉だった。

 

私はいつも半笑いで「大丈夫かよーwwwwww」みたいなノリでしか言われなくて、その度に「元気だよwww」って答えてたから

心配そうに聞いてきてくれたのが嬉しくて申し訳なくて、でも嬉しくて、恋愛の好きとかでなく「ありがとう」って気持ちになってみんなの前なのに思わず抱きついてしまってた

 

っていう夢でした。

夢って起きてすぐはなかなか思い出せないから、しばらくしてこの夢を思い出してなんだか空虚になってしまった。

私が何を望んでるのかが如実に出た夢だったなーーと。

そしてこれは生涯、叶えられないだろうな、と。

 

私、ずっとこうして聞かれたかったんだ。

気持ち悪い笑いやノリで誤魔化した心配なんて要らなかった、欲しくなかった。

メンヘラじゃない人に、こうされたかったんだ。

けど無理だから、今日も明日も、メンヘラ同士で傷舐め合うよ。

だってこの気持ちはメンヘラにしか分からないもんね、でも重いってことはメンヘラじゃなくても分かる。

重いものはみんな持ちたくないんだ、わたしも、健常者も。

 

幸せになりたいなー